高血圧の症状

サイトマップ

高血圧と診断されたら

よくある質問 Q&A

ビール 質問 塩分控えめの表示がある食品なら、 大丈夫でしょうか?
答え『薄塩』 『塩分控えめ』 などの表示は、基準が定められていません。 中には、含まれている塩分が、普通の品物と変わらない商品もあります。

減塩 』 の表示は、食塩が普通の食品の 50%以下 でなくてはなりません。 塩分の表示をよく確かめてください。『塩分控えめ』 でも、たくさん食べれば同 じことなので、注意が必要です。


質問 アルコールは血圧を下げると聞いたのですが、本当ですか? お酒の種類で、血圧にいいのはどれですか?

答え お酒を飲むと、アルコールが血管を広げ、一時的に血圧が下がります。 しかし毎日お酒を飲むと高血圧になりやすく、量が多いと血圧が高くなる というデータが出ています。


また、お酒は種類に関係なく、含まれているアルコールの総量が問題です。


質問 しらす干しは、湯通しすれば食べていいですか?

答え しらす干しなど、干物の塩分は中までしみ込んでいて、湯通ししても表面の塩分が取れるだけです。 しらす干しは 10g で 約 1g の塩分が含まれています。高血圧の方は、食べるのを少量にしたい食品です。


質問 外食するときに、注意することはありますか?

寿司 答え【和 食】
●漬物・汁物は残します。(麺類の汁も残します)
●しょうゆやソースは控えめにします。
●にぎり寿司の塩分は、1人前 2g 程度あります。つけしょうゆは控え、ガリは残します。
●弁当は、ほとんどのおかずが味付けが濃くなっています。漬物・佃煮は残します。

【洋 食】
●洋食は和食に比べて、塩分は少なめですが、カロリーオーバーや脂肪のとりすぎに 注意が必要です。食べる量を少なめに、腹八分目を心がけましょう。

【中 華】
●1人前の量が多く、塩分の取りすぎになるので、食べる量に注意しましょう。
●スープやザ-サイは残します。
●あんかけ料理は、あんにからまった調味料をとりすぎるので、注意しましょう。
●中華料理に使われている 『うま味調味料』 は、グルタミン酸ソーダを含んでいて、 塩分と同 じ働きをします。食べる量に注意しましょう。