高血圧の症状

サイトマップ

脂質異常症(高脂血症)について

脂質異常症とは・・・

脂質異常症は血液中の中性脂肪(トリグリセライド)や、 LDLコレステロール(いわゆる悪玉コレステロール)が基準値よりも高い、 または、HDLコレステロール(いわゆる善玉コレステロール)が、基準よりも低い状態のことをいいます。以前は高脂血症と 呼ばれていました。

脂質異常症の原因は・・・?

メタボリック さまざまな遺伝的要素や体質、食習慣、運動不足、肥満などが背景にあることが、多いようです。

●放っておくと・・・
コレステロール値に異常がある(特にLDLコレステロール値が高い)と、動脈硬化が進み、脳梗塞、心筋梗塞など 血管系の病気が起きやすくなります。中性脂肪値が高いと急性膵炎を起こすこともあります。

家族性高コレステロール血症では、皮膚やアキレス腱などに、黄色腫が発現することもあります。

・脳梗塞、脳出血   ・心筋梗塞、狭心症   ・大動脈瘤、大動脈瘤解離
・閉塞性動脈硬化症  ・腎臓障害

治療の方法は・・・

野菜 動脈硬化を進めないようにすることが、治療の重要な目的です。まず、食事や運動を含んだライフサイクルの 改善を行い、動脈硬化による病気を起こすリスクが高いときには、薬物療法が追加されます。

チェック食生活を見直す
チェック運動量を見直す
チェック適正体重に近づける(内臓脂肪も減らす)
チェック禁煙する