高血圧の症状

サイトマップ

高血圧と中性脂肪

血圧が高いと危険です

高血圧だと、常に血管に圧力がかかり、血管が障害されます。 その結果、動脈硬化が起こり、血圧はさらに高くなって、狭心症や心筋梗塞、 脳出血、脳梗塞 などの危険が高まります。


血圧は年齢とともに上がり、60歳以上の方の 約 60% が高血圧と言われています。

高齢者の高血圧には、特徴があります。

高齢者 チェック上の血圧(収縮期血圧)が高い
チェック血圧が変動しやすい
チェック急に立ち上がった時や、食後に血圧が下がる
チェック早朝の血圧が高い、夜間の血圧が下がらない
チェック合併症が多い

動脈硬化とは?

動脈硬化とは、血管の壁にコレステロールが溜まって、血管が狭くなる 病気です。 動脈硬化が進むと、狭心症や心筋梗塞といった、恐ろしい心臓病を引き起こします。


●コレステロールには、”善玉”・”悪玉” と呼ばれる、2つのコレステロールがあります。
●血液中に悪玉コレステロール(LDLコレステロール)が増えすぎたり、酸化されたりすると、 血管の壁に溜まって動脈硬化を起こします。
●一方、善玉コレステロール(HDLコレステロール)が増えると、 余分なコレステロールが肝臓に運ばれ、動脈硬化が起こりにくくなります。
●また、中性脂肪がふえることも、動脈硬化を起こす原因の一つです。

メタボリック